結婚 パートナー 恋愛

結婚したいのになかなかできないというときに見直したいプロセス

結婚したい

結婚したいと思っているのに、なかなか結婚できない。

年齢を重ね、周りはどんどん結婚しているのに、早く子供も欲しいのに、まだ結婚もしていなくて焦るばかり。

そもそも、結婚、子供の話をする前に、好きな人も恋人候補もいない。

この記事は、結婚したいと思う方へ、まずは自分の本心を見てみることについてお伝えしています。

自分にとって結婚とはなんだろう

女性は、30歳頃を過ぎてくると、結婚や子供のプレッシャーを周りから受けることが多いかもしれません。

周りがどんどん結婚すると、焦りばかりが募り、とりあえずマッチングアプリや結婚相談所に登録する。

相手の希望条件を入力し、いろんな男性と会ってみるけど、なかなかいい人に巡り会えないんです…というお悩みもお聞きします。

このような悩みを持たれる方は、「結婚したい」が当たり前の前提のようになっていますが、

自分にとって結婚ってなんなんだろうと考えてみるところから始めてほしいんです。

なぜ結婚したいのか、本当に結婚したいのか

特に女性は、

  • 子供を産むには、年齢に限界がある
  • 歳をとると、結婚/婚活市場での価値が下がる
  • 早く結婚しないと、売れ残ってしまう
  • ◯歳で子供を産むために、◯歳では結婚していないと

といった不安があると思います。

実際にそうかもしれないのですが、そのような周りの人の声に、ただただ不安を募らせて、自分の気持ちを忘れていないでしょうか。

そこで、「なぜ結婚したいの?本当に結婚したいの?結婚してどうしたいの?」と聞いてあげてほしいんです。

自分の心に本当のところを聞いてみる

自分は、最高最愛のパートナーと結婚したいのでしょうか。

それとも、周りから見て、結婚している状態や、既婚者というステータスが欲しいのでしょうか。

実際、自分の本心に立ち返ってみてみると、

”実は、私は結婚したいと思っていなかった

ということもありますし、それもOKなのです。

例えば、◯歳にもなって結婚もしていなくて、さらに結婚したいと思っていないなんて悪いことだと、自分で認めようとしていなかったことに気づくかもしれません。

そうして、自分の本心を聞くまいと、ぎゅっと耳を塞いで、無理矢理聞かないふりをし続けていたことに気づくかもしれません。

大切なのは自分の心に寄り添うこと

結婚に限りませんが、いつも自分の本心に寄り添ってあげることが大事です。

なぜなら、「結婚したいと思っていなかった」ことに気づいたからといって、その先、結婚できなくなるわけではありません。

むしろ、本当の気持ちに気づいて受け入れたら、がらっと現実が変わりだしたりするものです。

または、「結婚したいと思っていなかった」ことに気づいて、結婚をしないという選択もOKです。

「結婚したいと思っていなかった」ことに気づいても、「それでもやっぱり結婚したい」と思うなら、それもOKなのです。

受取拒否は再配達の法則

自分が何かを受取拒否していると、同じ現実が再配達されるという法則があります。

潜在意識は、あなたに気づいて受け取ってもらえるまで、何度でも再配達をしてくれるのです。

これを、別名「クロネコヤマトの法則」と言います。笑

もし、「結婚したいと思っているのに結婚できない」という現実が何度も繰り返し目の前に現れているとしたら、

自分が何かを受取拒否しているから、同じ現実が繰り返し再配達されているということかもしれません。

いったい何を受取拒否しているのか

そこで、自分はいったい何を受取拒否しているのか聞いてみてほしいのですが、コツは以下の通りです。

  1. こんな気持ちを持ってはいけない、認めてはいけない、は一切ない
  2. 何を感じてもOK、そのままでいいよ
  3. 良い悪いはない、ジャッジ(裁き)は不要

こんな感情は良い、悪いは、一切ありません。

なぜなら、それは自分が本来持っていたものではなく、世間や周りの人の声が刷り込まれたものであることが多いからです。

自分の心の声ではないものに振り回され、疲弊してしまうことは意外と多いのですが、とてももったいないことなのです。

結婚に対して抱いている思い込みは誰のものか

あくまで一例ですが、

  • 結婚すると、自分が大事にしているもの、欲しいものが奪われてしまう
  • 結婚すると、自分が守らなければと思っていたものが守れなくなってしまう

といった思い込みを持つ方もいます。

仮に、「結婚したら自由が奪われてしまう」という思考を持っていたとしたら、そこには「結婚と自由はトレードオフだ」という思い込みを持っていることに気づくかもしれません。

それは、ただの周りの人の意見であって、本当かどうかはわかりません。

または、そういう経験をした過去があるかもしれませんが、それが真実かどうかはわかりません。

でも、それを受け入れ、頑なに信じ、その思考に従ってきただけかもしれないのです。

結婚に対して抱いている不安や恐怖

結婚に対して、実は、大きな不安や恐怖を抱いている場合もあります。

  • 結婚したら(自分が幸せになったら)、◯◯への復讐ができなくなる
  • 結婚したら(自分が幸せになったら)、◯◯が悲しむ
  • 結婚したら(自分が幸せになったら)、(自分が欲しくない現実)を引き寄せる、繰り返す
  • 結婚したら(自分が幸せになったら)、自分は嫌われる、いつか捨てられる
  • (◯◯を満たしていない人と)結婚したら、恥ずかしい、惨め

こんな感情が出てくるかもしれませんが、

おめでとうございます!それでOKです、そのままでいい、です。

このような感情を持つことに対して、自分を責めたり、否定したり、恥じる必要なんてまったくありません。

誰でも、そういう感情を持っているものです。

まとめ

自分にとって、結婚とはなんなのか。結婚に何を求めているのか。

大切なことは、自分の心に耳を傾けてあげることです。

どんな答えが返ってきても大丈夫ですから、安心してください。

そして、自分の心に向き合う中で、しんどくなったら休んでください。

そうやって、どんな自分も、すべて受け入れていくのが尊いプロセスなのです。

-結婚, パートナー, 恋愛