おすすめの本/映画

インド映画*「マダム・イン・ニューヨーク」

マダム・イン・ニューヨーク

今日は、おすすめの映画をご紹介します。

「マダム・イン・ニューヨーク」(原題:English Vinglishは、あまり馴染みがないかもしれませんが、インドのコメディ映画です。

とはいえ、特にラストシーンは感動的でとても深い一言もあります。

*ネタバレになりますのでご了承ください。

あらすじ

主人公のシャシは、インドで夫と2人の子供と暮らしており、趣味はお菓子作りという専業主婦。

インドでは、英語を話せることがステータスの1つ。夫や子供は英語を話しますが、シャシは英語が苦手で、子供たちにもバカにされ傷つく日々。

そんなとき、ニューヨークに住むシャシの姪が結婚することになり、結婚式に参加するため、家族でニューヨークへ行くことに。

ただ、結婚式の準備の手伝いのため、シャシだけ1ヶ月早くニューヨークへ飛ぶことになります。

英語が喋れないシャシは、当初嫌な思いをしますが、英語が苦手というコンプレックスを克服しようと一念発起して、英語教室に通うことに。

英語を学ぶうちに、自分の価値を感じられず打ちひしがれていたシャシが、自信と誇りを取り戻していきます。

おすすめの理由3つ

実は、この映画を見ていると、まさに鏡の法則が描かれているのです。

そういう意味でも、とてもわかりやすいなあと思って、おすすめにあげました。

1. 周りが自分をバカにしているとき、自分が自分をバカにしている

英語が喋れないシャシは、英語が喋れないことを子供たちにバカにされるんですよね。

そして、得意で大好きなお菓子作りも、夫には「俺だけに料理を作ればいい」と言われる始末。

もちろん、バカにする子供たちや夫の発言を肯定するわけではありませんが、それに傷つくシャシは、自分で自分自身の価値を否定していきます。

もし、この状況で、シャシが子供や夫に言いたいセリフがあるとしたら、「バカにしないで」、「私の価値を認めて」。

これは、シャシが自分自身に言いたい言葉でもあるのです。

2. 自分の殻を破っていく姿が美しい

ニューヨークで英語教室に通い、先生やクラスメートに支えられながらだんだん英語が理解できるようになり、日々に彩りが加えられるシャシ。

英語のニュースや映画に興味を持ち、カフェでできなかった注文が英語でできるようになる、ニューヨークファッションも取り入れるようになる。

徐々に自分に自信がつくにつれ、自分の選択や行動がどんどん広がっていくんですね。

家族に見下され、自信がなく、臆病で、自分の殻にこもっていたシャシが、だんだんと変わっていく姿がとても美しいのです。

3. 姪の結婚式での英語スピーチの内容が素晴らしい

最後、姪の結婚式で、姪から英語のスピーチをしてほしいと頼まれたシャシ。

夫はシャシが英語を勉強していたとは知らず、「妻は英語が苦手なので…」と代わろうとしますが、シャシはそれをやんわりと遮り、英語でスピーチを始めるのです。

一部ですが、内容が素晴らしかったので、以下引用しますね。

人は自分のことが嫌いになると、自分の周りも嫌になって、新しさを求める。

でも、自分を愛することを知れば、古い生活も新鮮に見えてくる。

素敵なものに。

まさに、自分の見方で周りも変わるという、鏡の法則なのです。

まとめ

「マダム・イン・ニューヨーク」は、英語が話せないことで家族に見下され、自信のない専業主婦だったシャシが、ニューヨークで英語を学ぶことで自分自身の価値を取り戻していく姿を描いたインド映画です。

もちろんストーリー自体も面白いのですが、鏡の法則という視点で見てみると、また違った味があると思います。

お時間があれば、ぜひ見てみてください!

 

⇩「マダム・イン・ニューヨーク」を無料で見るならこちら⇩

映画観るなら<U-NEXT>

-おすすめの本/映画